あぐらのSoloZakki

令和が始まる直前に53歳で退職しました。安定から自由を目指します。

成人病予備軍の補欠対策

俺も健康にふりまわされている

週刊新潮」の巻末に「俺は健康に振り回されている」というエッセイマンガが連載されていますが、自分も健康に振り回されている方です。きっかけは去年の人間ドックです。

www.dailyshincho.jp

ここ数年、最高血圧がこんな感じで推移してました。

2015
2016
2017
2018
115
118
134
138

 

 2017年のときに少し気にするべきですが、なぜか気になりませんでした。血圧なんて一度も気にした事がなかったため考えなかったのだと思います。2018年になってふと気づき、この調子だと140越えるのではないかという不安が少し頭をよぎりました。

と言ってもとりあえず放置してたのですが、8月ごろふるさと納税で家庭用血圧計を返礼品で見つけて思い出し、この血圧計を使い再度、自宅で測定してみました。
 結果はやはり140前後、このままでは直に成人病予備軍入りしてしまう、不安を抱えたアーリーリタイア生活になってしまうと、ここからまじめに高血圧対策を調べはじめました。
 

f:id:agura-huma:20190727172554p:plain

まずは減塩生活

血圧測定の方はいったんやめました。いい結果が出るまで何度も測ってしまったり、結果に一喜一憂してしたり、やや結果を急ぎ過ぎ気味になっていたからです。
 
とりあえず始めたのは定番の減塩です。やってみて分かるのは普段の食事が簡単に塩分を過剰摂取できる事、食塩に溢れていると言う事です。
 結果的に食べられるものも制限されますし、調べる手間と選ぶ手間が小さなストレスになります。それでもだいたい1日5g未満くらいに注意した生活を送ってました。けれdも、たまーに血圧減を測ってみても、あまり下がっておらず、減塩ではあまり効果がでませんでした。
 
塩感濃度(塩分が血圧に影響する度合い)は人によって違うという事にあてはまるみたいです。ただそれまでの過程で得た知識を総合すると、とりすぎはやはり良くない事と思っているので、今も意識はしています。
 減塩ではあまりうまくいかなかったので、何か別の方法を考える事にしました(続く)